Wikia

勇者シリーズ Wiki

勇者特急マイトガイン

トーク0
19 件の記事が
このウィキにあります
勇者シリーズ > 勇者特急マイトガイン

テンプレート:出典の明記

勇者特急マイトガイン
ジャンル ロボットアニメ
アニメ
原作 矢立肇
監督 高松信司
キャラクターデザイン 石田敦子、オグロアキラ
メカニックデザイン 大河原邦男
音楽 工藤隆
アニメーション制作 サンライズ
製作 名古屋テレビ、サンライズ
東急エージェンシー
放送局 テレビ朝日
放送期間 1993年1月30日 - 1994年1月22日
話数 全47話
テンプレート使用方法 ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

勇者特急マイトガイン』(ゆうしゃとっきゅうマイトガイン)は、1993年(平成5年)1月30日から1994年(平成6年)1月22日までテレビ朝日系列で毎週土曜17:00 - 17:30(JST)に全47話が放送された、名古屋テレビサンライズ制作のSFロボットアニメ作品、および作中に登場する主役ロボットの名称。「勇者シリーズ」第4作目に当たる。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

昭和125年……突然の石油枯渇から50年、世界は電気で走る鉄道社会となっていた。

鉄道王として世界の経済の中心を担う「旋風寺コンツェルン」の若き総帥「旋風寺舞人」は、父「旭」の遺志を継ぎ、超AIを搭載したロボットたちによる無国籍救助隊「勇者特急隊」を結成。

かつて東京湾と呼ばれた場所に築かれたヌーベルトキオシティにうごめく悪に対し、颯爽と戦いを挑んで行く。

概要 編集

前3作まで監督を務めた谷田部勝義に代わり、高松信司が監督を務める通称「高松三部作」の1作目。前3作までとはまた異なったアプローチでの作品作りが試みられた作品であり、『トランスフォーマー』からの流れである、「未知なる生命体が地球上の機械と融合する」というコンセプトを脱し、「地球人類が1から作り出した存在」へとシフトした初の作品でもある。

特徴
前作『伝説の勇者ダ・ガーン』では敵・味方含めたキャラクターの個性を重視したストーリー作りが試みられたが、本作品ではそれをより本格的に推し進め、キャラクター全体の年齢を引き上げて「ライバルとの対決」や「ヒロインとの恋愛」などの要素を追加、作品モチーフとなった昭和期の日活東映の青春映画の名場面を主体に、ロボットアニメの原点から、「映像」というものをはじめて作り出した原点の復帰を試みている。また敵勢力も『ダ・ガーン』における「敵機体の系統化」をさらに推し進め、これまでのように単一の組織ではなく、異なる活動理念を持つ複数の組織が混在する形がとられた。
また、シリーズで初めて「超AI」という設定を導入しており、ガインとブラックガインの対決、人造人間ユリウスなど、「心を持った機械」の苦悩を描く回が散見された。そのコンセプトは後番組の『勇者警察ジェイデッカー』や『勇者王ガオガイガー』にも受け継がれている。
こうした新要素の導入によってストーリー性が向上していった一方、勇者シリーズのテーマであった『少年と心を持ったロボットの交流』がおざなりになってしまい、『トランスフォーマー』や前作『ダ・ガーン』でも顕在化していた「ロボットキャラクターの没個性化」という問題点はさらに深刻なものとなった。特にダイバーズ・ボンバーズは、劇中描写においても団体活動が多く、シリーズ中でも個々のキャラクター描写が極めて少なくなっている。また、今作は敵側のロボットのパイロットが爆発等で死亡する事が多く(ただし、各組織のボスは脱出装置で逃げ出すことが多い)、敵側のパイロットが死なずに、警察に逮捕されて罪を償わせるのが少なかった作品である。
映画作品へのオマージュ
また、主人公サイドにおけるキャラクターネームの元ネタが昭和30年代(1955年~1964年)に一世を風靡した日活東映の各種青春映画(主には『渡り鳥』『旋風児』などの各種シリーズ)の出演者及び周辺人物がモチーフになっている。番組タイトルのマイトガインも、日活のスターだった小林旭の主演映画『銀座旋風児』シリーズおよび小林の愛称であるマイトガイから来ている。
また、登場するメカやロボットのシルエットのみが映し出される本作品のパイロットフィルム版オープニングは、特撮作品である『ウルトラセブン』のパロディそのものであったという逸話がある。
メタフィクション
本作品で特筆すべき点の一つとして、メタフィクションという構造を隠し持っていることが挙げられる。例えば、ロボットの開発工場は青戸(スポンサーのタカラの所在地)にあったり、スケジュール化したパワーアップ(コンツェルン総帥である舞人が知らないうちに新型ロボットが造られている)や、年末商戦をメタ化したエピソード(クリスマスオペレーション)などが盛り込まれたりしている。さらには劇中の世界では旋風寺コンツェルンが『マイトガイン』のアニメ化を行って放映しているとされ(勿論操縦者が誰かは伏せて)、サリーがそのセルを塗るバイトをしている場面もある。特に最終回はメタフィクションの要素が強い内容となっており[1]、最大の敵ブラック・ノワールが自らの正体をフィクションの世界を支配する三次元人であると明かし、テレビアニメ世界に住む二次元人である主人公らと対決するという展開が描かれた。
評価
後年制作された新世紀勇者大戦においても参戦作品の1つに数えられたり、タカラ(現・タカラトミー)から「超勇者復古列伝」の1つとして、一部仕様変更がなされたグレートマイトガインの復刻版が発売され、ライバル会社だったバンダイからもサンライズクルセイドとして参戦している(なお、1年後に『勇者警察ジェイデッカー』が公式投票の結果により参戦)。

登場人物 編集

主人公と仲間 編集

旋風寺舞人(せんぷうじ まいと)
- 檜山修之
本作品の主人公。若年にして旋風寺コンツェルンの総帥を務める。
「嵐を呼ぶ旋風児」「嵐を呼ぶナイスガイ」など数々のキャッチフレーズを持つ。世界でも有数の大富豪にして人間離れした身体能力を持ち、頭脳明晰、容姿端麗で優しく爽やかな正義漢であり、まさに「完璧超人」といえる。キザなセリフをなんの屈託も無く言ったり、何をやってもカッコよく決めてしまうイカしたヒーローだが、本当に好きな女の子に対してはシャイなところもあり、独占欲は強く、自分の夢だがサリーに一度デートをした相手がいるだけで相当に落ち込んだ(ドラマCD)。両親を謎の事故で亡くし、父の遺志を受け継いで「勇者特急隊」を作り上げた。執事の青木桂一郎や使用人たちと共に生活している。また、名乗りや叫びを多用する熱い勇者。ただ、屈託無くきつい言葉をはく事がある。幼い頃から英才教育を受けており、頭脳明晰、スポーツ万能なだけでなく、浜田と同等の画力や宝くじの1等を当てるなど、非の打ち所が全く無い。ただ、戦闘による被害や事後処理には無頓着なのが玉に瑕である。
また自分の正義を(自分が正義と言えるほど)非常に強く信じており、ジョーやガインに「正義が負ける事はあるかも知れないが悪が栄えた例(ためし)は無い」と言ったり、エグゼブに「お前は正義なのか?」と問われた際には「当たり前だ!」と即答するほどである(これらのはっきりとした正義と悪の構造は最終話へのある真相への伏線となっている)。
勇者特急隊における肩書きは「隊長」であるが、そう呼ぶのはダイバーズのみである。
苗字の「旋風寺」は「せぷうじ」と発音するが、声優の檜山は、最初どう発音するのかわからなかった。「自分で自分の名前を言うシーンはほとんどないだろう」と高を括っていたが、舞人が毎回のように名乗りを上げる事を知って慌てたという。
旋風寺コンツェルンは舞人によって、祖父・裕次郎の「旋風寺鉄道」と父・旭の「旋風寺流通グループ」が合併し発足させた企業グループ。舞人が社長に就任してからは前年比200%という凄まじい業績の伸びを誇る。
戦闘時の衣装は決まっているが、私服が毎週違う。戦闘服は父のカウボーイ風のコスチュームをベースとしたものだが、独自の装備としてシャップスの特殊ラバー版を取り入れている。
合体時の掛け声は「レッツ・マイトガイン!!」。
昭和109年(2034年8月24日生まれ(乙女座)、身長160cm、体重50kg、血液型はO型
吉永サリー(よしなが さりー)
声 - 矢島晶子
本作品のヒロイン。キューポラのある街に住み、入院中の父親(声:長島雄一)に代わってアルバイトで家計を支えている。しかし、アルバイトのし過ぎで扶養家族から外されているとの噂もある。また、言いたい事を素直に言い切ってしまう、正直な性格。父が退院して家計が落ち着くにようになっても、マイトステーション内でコーヒーを入れて配るシーンでつい値段を言ってしまった程。舞人と運命的な出会いをし、惹かれ合って行く。事件が発生する度に、巻き込まれる不幸な一面もある。家族構成は弟のテツヤ(声:天野由梨)と父。最終話では彼女の意外な力が明らかになり、舞人にとってまさに「勝利の女神」となった。
名前の元ネタは吉永小百合から。また弟であるテツヤの名前は渡哲也からとられている。
昭和110年(2035年8月9日生まれ(獅子座)、身長154cm、体重48kg、血液型はA型
なお、アメリカの「ウエスタンランド」が舞台となった第13話には登場していない。その代わり「リリー」という、彼女そっくりなレストラン店員が登場する(声は矢島晶子)。
浜田満彦(はまだ みつひこ)
声 - 菊池正美
舞人の幼馴染で親友。劇中、舞人を呼び捨てにするのは祖父の裕次郎とガイン達以外には浜田だけである(なお舞人は浜田を「浜田君」と呼ぶ)。
メカに強いことから勇者特急隊の開発部門にも協力している。ボンバーズのアニマルモードを考案したのは彼であり、また各ロボットの性格設定やデザインにも彼が関わっている。特技・趣味は漫画を描く事で、将来は漫画家になりたいと考えている。その反面腕っ節は弱く喧嘩はからっきし。代表作は『銀河の用心棒ナイスガイン』で、CD『勇者特急マイトガイン 歌のアルバム』のジャケットでもその姿が確認できる。5体連結を可能にしたり、緊急事態にはマイトカイザーやグレートマイトガインへ乗って舞人と共闘・合体したりと活躍は多く、舞人も相棒として頼りにしている。ショーグンミフネの部下である胡蝶(内藤ルンナ)に惹かれて恋仲になる。
名前の元ネタは吉永の共演者として日活作品を彩った浜田光夫から。
昭和109年(2034年)8月10日生まれ(獅子座)、身長158cm、体重60kg、血液型はB型

旋風寺財閥の関係者 編集

青木桂一郎(あおき けいいちろう)
声 - 岸野一彦
旋風寺家の執事で、舞人の右腕であると同時に父親代わりでもある。旭に恩があり、舞人を幼い頃から知っている人物で、旋風寺旭亡き後、その遺志と「勇者特急計画」を舞人に伝え、勇者特急隊を設立させた張本人。
ダジャレ好きで、毎回しょうもないダジャレを披露しては、周囲を苦笑いさせたり、時に和ませたりしているが、笑うのはせいぜい毎日顔を合わせているいずみぐらいである。見た目は温厚かつ穏やかな老紳士だが、結構な切れ者でとても気が利く。
名前の元ネタは赤木圭一郎
昭和74年(1999年)4月21日生まれ(牡牛座)、身長182cm、体重78kg、血液型はA型
松原いずみ(まつばら いずみ)
声 - 天野由梨
舞人の秘書。勇者特急隊のオペレーターもやっている。舞人にとっては姉のような存在。意外におきゃんな性格をしている。元々は旋風寺コンツェルン秘書課に属していたが、現在は舞人の専属秘書として出向。舞人の良き理解者であるが、彼が偶に放つセクハラ紛いの発言や仕事熱心ではない彼の山積みになるスケジュールの調整には悩やまされている。「トシキ」というイグアナのペットを飼っている。
名前の元ネタは松原智恵子和泉雅子
昭和102年(2027年9月30日(天秤座)、身長166cm、体重52kg、血液型はAB型
旋風寺裕次郎(せんぷうじ ゆうじろう)
声 - 沢りつお
舞人の祖父。石油資源の枯渇から鉄道が交通の要となる事を見抜き、旋風寺鉄道(後の旋風寺財閥)を創立した人物。舞人を可愛がっている。豪放磊落かつわがままな性格の破天荒な人物で、舞人の都合も考えずに現れてはたびたび遊びに誘う。サリーの事をいたく気に入っていて、彼女をバイトに雇って器量を密かに推し量ったり、タイムスケジュールを弄って舞人に会わせたりしている策士でもある。納豆が大好物。
名前の元ネタは石原裕次郎
昭和36年(1961年12月3日(山羊座)。
大阪 次郎(おおさか じろう)
声 - 巻島直樹
旋風寺鉄道青戸工場長。各勇者ロボの整備も担当している職人肌。
名前の元ネタは大坂志郎
旋風寺旭(せんぷうじ あきら)
声 - 竹村拓
舞人の父ですでに故人。勇者特急計画の立案者。若かりし頃は、ギターを片手に悪と戦う流れ者の正義の味方「渡り鳥」として世界を放浪していた。その折に、「世界を狙う巨大な悪」の存在を感じ取り、それに対抗するために勇者特急隊計画を立案する。しかし、それを逆に敵に嗅ぎつけられ、妻のルリ子ともども、列車事故に見せかけて暗殺された。亡くなる直前に、舞人に「巨大な悪」の存在を話し、勇者特急隊計画を託す。
生前、父親である裕次郎とは反りが合わなかったらしいが、それでも妻と共に墓に葬られている。
舞人と彼の名前は同じ小林旭からとられており「渡り鳥」の通称は舞人の『銀座旋風児シリーズ』と双璧を成す小林旭主演の青春映画『渡り鳥シリーズ』からとられている。
旋風寺ルリ子(せんぷうじ るりこ)
声 - 原えりこ
旭の妻で、舞人の母親。故人。名前の由来は浅丘ルリ子からとられている。旭とは恋愛結婚であり、彼との結婚を裕次郎が許さなかったことが、旭と裕次郎の不仲の原因となった。

その他主人公の協力者 編集

小沢昭一郎(おざわ しょういちろう)
声 - 掛川裕彦
日本警察の警官。自称「ヌーベルトキオシティきっての敏腕警部」だが、警察の戦力では悪人達に歯が立たず、勇者特急隊を頼りにしている。
名前の元ネタは小沢昭一
雷張ジョー(らいばる じょー)
声 - 緑川光
舞人のライバルで別名エースのジョー。射撃とロボット操縦の達人。専用メカである飛龍、轟龍を駆る。
元は軍人でエースパイロットだったが、父親の宍戸博士の仇を取るために脱走した過去がある。
非常にプライドが高く、舞人との戦いは常に正々堂々正面からの一騎打ちを信条とするため、味方であろうと勝負の邪魔をするものには容赦しない。この結果、マイトガインとの戦いが水入りになる事がしばしばあった。
舞人の事を、フルネームで呼ぶことが多い。
第27話ではエグゼブの命令を無視し、巨大隕石ドガンテスの破壊に向かう舞人を助けている。この事で35話冒頭ではエグゼブに「いつになったらマイトガインを倒せるんだ!」と怒鳴られるも、「誰の指図も受けない」と平然とその場を去ったためエグゼブの怒りを買い、轟龍に爆弾を内蔵され、グレートマイトガインと共倒れを図られるが、ウォルフガングによって爆弾を取り外されたため難を逃れた。
中盤で父を利用して殺害したのがエグゼブであることが明らかとなり、終盤では父の仇討ちのために舞人と共闘することになる。
父が散々利用された挙句、理不尽に殺されてしまった過去から「信じるのは自分の力のみ。正義など何の役に立つと言うんだ。マイトガインの正義面を見てると吐き気がする!」とサリーに対して平然と言い切った事がある。
その一方で大破寸前になりながらも飛龍を食い止めるトライボンバーには「マイトガインは良い仲間をもった」と評し、トライボンバーを称え、マイトガインの元へは向かわず撤退した事もある。
頬に傷があるがどういうわけか初期EDの画像には見られない。
最終回では父の敵であるエグゼブと相打ちとなり炎の中に消えるが、ラストシーンでハネムーンに旅立つ舞人とサリーに向けてVサインを送っている。
名前の元ネタは宍戸錠からとられており「エースのジョー」も元々は宍戸錠の愛称である。
昭和107年(2032年)11月4日(蠍座)、身長178cm、体重65kg、血液型はAB型
衣装が変わることがなかったが、「彼は貧乏で、着ている服以外の服を持っていないから」とスタッフからの発言があった。そのためCDドラマでは「川で一張羅の洗濯」「ネズミも喰い飽きた」などと言っている。決まった住家も持っていないと思われ、私生活のシーンは、基地モードの轟龍の側で焚き火をしているシーンが確認できるのみ。

ヌーベル・トキオを巡る巨悪たち 編集

ウォルフガング
声 - 佐藤正治
ドイツ人の誇り高き天才科学者で飛龍と轟龍の設計者。「世界一強いロボット」を造る事に情熱を燃やしており、マイトガインを超えるロボットを造ろうとするマッドサイエンティスト。目的のためには手段を選ばない性格であるのだが、サリーの笑顔を見て、悪事を働く自分を恥じたり、友人の宍戸博士の安否を心配し続けるなど、根っからの悪人というわけではない。
中盤、部下達に見放された際には青戸工場でアルバイトをし、その時に大阪工場長と知己を得る。このときの出会いをきっかけに、部下よりもロボットのほうが大事であるという考えを改め、部下達を思いやるようになった。また終盤では不本意ながらエグゼブのバックアップを得てメカを開発するが、ジョーの父を殺害したのがエグゼブであることを暴くと共にエグゼブの本性を見抜き、自ら科学者としての誇りをエグゼブに知らしめるために静かな戦いを展開。陰ながらジョーをバックアップした。
また、技術者としても確かで1度はマイトガインを敗北に追い込んだ飛龍とその後継機である轟龍、最終決戦の勝利の鍵となったイノセントウェーブ放出装置の大元も彼が考案して勇者特急隊に伝えたものであり、ある意味ではマイトガインの勝利に大きく貢献した人物。
最終決戦ではイノセントウェーブ放出装置を自ら使用し、ブラック・ノワールに挑むも敗れ行方不明となるが、最終回では負傷しつつもイッヒ達三人組の前に姿を見せている。
名前の元ネタはヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
5月3日(牡牛座)、身長160cm、体重61kg、血液型はA型
イッヒ / リーベ / ディッヒ
声 - 山下啓介 / 鈴木勝美 / 川津泰彦
ウォルフガングの部下。それぞれの名前を続けて言うとドイツ語の意味で「アイ・ラブ・ユー」となる。最初は大勢いた部下の中で、最後まで残った三人組。中盤で全員がウォルフガングの元を去ってしまうが、地味で堅実な生き方(と言ってもやっていたのは恐喝)に馴染めず、また彼の元へ戻って来た。
ショーグン・ミフネ
声 - 梁田清之
歌舞伎役者風の化粧と、戦国武将風の衣装に身を包む日本かぶれで時代錯誤も甚だしいアングロサクソン系のアメリカ人テーマパーク「大江戸ランド」を隠れ蓑に「古き良き日本文化を取り戻す」ために現政権を倒し日本征服を狙う狂信的忍者テロ集団「影の軍団」の頭領。自分を日本国の正当な「将軍」であると信じている。マイトガインの敵でもかなりギャグ的だが、戦闘能力は高く、舞人やGマイトガインとの一騎討ちでは城の爆破や崩壊に気を取られなければ勝利目前まで追い込んでいる。
度重なる作戦の失敗で次第に資金繰りと経営の悪化を招き、最後には大江戸ランドに来た観客を国民として捕らえ、国家として独立宣言をする暴挙に出るが、結局は大江戸ランドを失い逃走。その後、埋蔵金を発掘して再建の目前まで来るも、移動に使っていた潜水艇を恐竜と勘違いしたビトンによって不可抗力で妨害されたあげく警察に逮捕された。鉄道橋破壊などの数々の破壊テロ活動、詐欺行為、人身撹乱、誘拐などの罪に問われている。逮捕後も何度か脱獄を繰り返しており、旋風寺家のパーティーに忍び込んだ他、最終回でも小沢刑事に追い掛けられていた。
決め台詞は「男は黙ってぇ〜」と、その後に作戦内容や自分の嗜好が入る。
名前の元ネタは三船敏郎
10月19日(天秤座)、身長183cm、体重80kg、血液型はO型
胡蝶(こちょう)
声 - 本多知恵子
第37話に登場。ミフネ配下のくノ一。スパイとして内藤ルンナ(ないとう るんな)と名乗り旋風寺重工に潜入するが、浜田と恋仲になってしまい最終的にはミフネを裏切った。このため生死不明となっていたが、最終回で再登場し浜田と二人で舞人達の結婚式の祝福をしていた。
名前の元ネタは内藤洋子と、彼女のヒット曲「白馬のルンナ」。
ホイ・コウ・ロウ
声 - 島香裕
中国の裏世界を牛耳るアジアマフィアのボス。密輸や武器の違法売買をしている死の商人。軍や暴力団、テロリストへの武器の密売を通して強大な資本力を持つ。年老いているが、広東風料理拳の達人で武術の腕は高い。ヌーベルトキオを中華風の街並みに変えようと画策していた。ピータンという名前のオウムを飼っている。武器・兵器の密売の他に賭博行為の容疑で問われていたが、中盤において、配下であったはずのパープルの裏切りに遭い、権力を奪われ全てを失う。その後は坂本と名乗り、屋台ラーメンを開業したが、自らの境遇に絶望しすさんだ毎日を送っていた。この時の落ちぶれ具合は、たまたま見かけた舞人がホイの名を聞いても信じられず、自ら疑惑を否定するほどである。
だがどんな苦境でも自分を支え続けるチンジャの姿を見て改心し、「一からやり直す」為にチンジャとともに何処かへと去っていき、最終回ではヌーベルトキオ市街でチンジャと共に屋台ラーメンを営む姿が描かれている。
名前は中華料理の回鍋肉(ホイコーロー)から。
2月2日(水瓶座)、身長150cm、体重67kg、血液型はO型
チンジャ・ルース
声 - 置鮎龍太郎
ホイの右腕。組織のナンバー2で、主に現場や取引の交渉のため前線に赴くことが多い。ホイが全てを失った後も彼を支え続けた忠臣。組織を追われた後は田中セイジ(元ネタは田中星児)と名乗り、ホイと共にラーメン屋を営む。その後、ホイと共に何処かへと消えた。名前は中華料理の青椒肉絲(チンジャオロース)から。
カトリーヌ・ビトン
声 - 叶木翔子
女性だけで構成される国際的窃盗団「ピンクキャット」のボス。自称、フランス人で永遠の29歳。甲高い高笑いを上げるナルシスト。強欲で、自分の美貌と快楽、そして欲望のままに犯罪を犯す。その行動原理は常人では予測もつかぬところにある。主に美術品や美容アイテムを主に狙うが、ある日、シェフが落としたパック入りの納豆を踏んで足を滑らせ転倒、納豆を頭にかぶった事から一瞬にして納豆が大嫌いになり、「納豆殲滅隊」を組織して納豆のみならず納豆に入れる卵や掻き混ぜる箸も憎んで養鶏場や森林を焼き払う暴挙まで働いた事まである。ロボットによる戦闘でも部下に操縦を任せて、自分は命令しながら威張り散らすだけと言うまさに「ワガママの見本」を地で行く女。また「あの女にはついていけん」とガインを呆れさせている。宝石・美術品強盗、納豆工場破壊、誘拐、監禁の罪で指名手配されている。最終回のラストではオードリーと共に買い物をしている最中に納豆を見て失神する。
名前はフランスの女優カトリーヌ・ドヌーヴとフランスの鞄職人の名前でもあるブランドメーカールイ・ヴィトン、更には旧東ドイツのフィギュアスケート選手であるカタリーナ・ビットから。
昭和96年(2021年3月24日(牡牛座)、身長169cm、体重54kg、血液型はO型(年齢を自称している事から見て、生年月日は詐称の可能性が高い)。
オードリー
声 - 夏樹リオ
カトリーヌ・ビトンの右腕にして忠臣。男装の麗人で常に冷静で無表情を崩さず、どんな命令もそつなくこなす「鉄の女」。彼女自身にとって主たるビトンこそ全てである為、ビトンの意に沿わないものや逆らうものを一切許さない。組織壊滅後の逃走の最中でも常にビトンの傍らにいた。
元ネタはオードリー・ヘプバーン
パープル
声 - 鈴木勝美
ホイ・コウ・ロウの配下だったが、中盤でアジアマフィアの組織を乗っ取った。実はエグゼブ直属の配下であり、その幹部として彼の指令を実行する。表向きは絶大な人気を誇るロックミュージシャン。後期のエンディング曲は彼が歌っている設定で、劇中にも登場し、シングルカットもされた。
エグゼブ同様、ブラック・ノワールに洗脳されている。
コンサート等で多くの観客を喜ばせていたため、当初は舞人も殺さずに決着をつけることを望んでいたが、パープルのロボット軍団がガードダイバーとバトルボンバーを破壊したことが舞人の怒りに火をつけ、グレートマイトガイン・パーフェクトモードのパーフェクトキャノンにより死亡した。
好きな色は名前の通り。好きな飲み物は烏龍茶
趣味は読書で、夏目漱石シェイクスピアなどの文学に造詣が深く、彼らの言葉を引用するという知的な面も見せる。
昭和104年(2029年1月28日(山羊座)、血液型はAB型
ジャーマネー
声 - 川津泰彦
パープルのマネージャー。音楽関連だけでなく、口封じのためにホイの屋台にならず者を送るなど犯罪についてもプロデュースする。パープルとは古くからの付き合いらしい。オネエ言葉で話す。
エグゼブ
声 - 菅原正志
中盤より登場。表向きはTR(トレジャー・ロボテック)社の社長ケン・エノモトだが、裏の顔は勇者特急隊の強大な敵として立ちはだかる謎の男であり、ウォルフガングやジョーを脅迫まがいの交渉で抱き込み、マイトガインと戦わせる。それまでのコミカルな悪役とは一線を画した「本物の悪」を感じさせる存在だったが、実は彼の背後には更に強大な敵が控えていた。
ジョーの調査では元々将来有望な政治家であったエノモトをブラック・ノワールが洗脳・改造して手駒とされた事が判明している。
ウォルフガングに轟龍を開発させた折に、機首のドリルを「趣味ではない」と言う理由から取れと命令するなど、独特の審美眼を持つ。しかし最期にはそのドリルに貫かれ、命令が履行されなかったことに対する不満を述べながら絶命した。表向きの名前(ケン・エノモト)の由来は榎本健一から。
ブラック・ノワール
声 - 水原リン
勇者特急隊に敵対してきた者達を背後から操っていた全ての黒幕。この支配者の存在がヌーベルトキオの存在意義に重大な関りを持っていた。実態のない存在でスクリーンの中に映像のような姿で映し出されるが、強大な力を持っており、魔のオーラによりパイロットごとロボットを洗礼、幾ら破壊されても再生、復活するロボットを作り出して勇者特急隊を苦しめた。
最終回では自らの正体を、娯楽として二次元世界を支配する三次元人であると名乗り、舞人がヒーローという役割を持って創作された二次元上のキャラクターに過ぎないという事実を突きつけた。しかし、その話に耳を貸さなかった舞人とマイトガインに敗れ、最期には自らもまたフィクションの駒であったことを悟りながら消滅した。
名前の元ネタは黒の悪。また、「ブラック」は英語、「ノワール」はフランス語で、それぞれ「黒」を意味する単語である。

その他の悪党 編集

ハルオ
声 - 鈴木勝美
ジュン
声 - 置鮎龍太郎
チョウサク
声 - 巻島直樹
3人組の小悪党。スキンヘッドなのがリーダーのハルオ。イケメン風がジュン。巨漢がチョウサク。
第1話の冒頭で「レッツゴー強盗団」と名乗り、ドリルロボ・ギムレット(ハルオ用)、吸引ロボ・スイーパー(ジュン用)、破壊ロボ・クラッシャー(チョウサク用)を使ってコガネ銀行を襲うが、ガイン&マイトウイングの活躍で全員逮捕。以後も様々な所で色々な悪事を行っては舞人やジョーに邪魔される。最終回では、ホイとチンジャのラーメン屋の前で新聞を読んでいた。
名前の元ネタはレツゴー三匹から(なおハルオは、正児のつかみネタ「三波春夫でございます」から)。
スイーパーとクラッシャーは、第13話でウェスタンランドの強盗団も使っていた。

雇われ殺し屋 編集

巨悪達は目的達成のためなら、あらゆる手段を使っており、場合によっては外部から「賞金稼ぎ」の様な殺し屋を雇う事が有る。概ね、ウォルフガング一味や(パープル時代の)アジア・マフィアが雇う事が多い。

抜き打ちのチェルネンコ
声 - 星野充昭
第6話に登場。ウォルフガングが作ったロボット「バンツァーCR17」のパイロット候補として、ジョーと共に雇われ、ジョーと争うも敗れる。その腹癒せとしてジョーが舞人とロボットで交戦中、吉永姉弟を人質にしたため、ジョーから返り討ちにされる。
死神ワイルダー
声 - 笹岡繁蔵
第13話に登場。飛龍を奪い、自分のロボ・メガソニック8823を撃破させたジョーを逆恨みするウォルフガングが雇った賞金稼ぎ。ガンマンロボ「デスファイヤー」(ウォルフガング製作ではない)を操縦して、ウェスタンランドで対決するジョーと舞人を襲った。
イシバシ
声 - 二又一成
第30話に登場。追放させたホイとチンジャがラーメン屋をしている事を知ったパープルが口封じとばかり雇った賞金稼ぎ。クワガタ型ロボ・グヤトーンでマイトガインと戦う。
名前の由来は石橋貴明。また、外見は石橋の当時の18番のモノマネ「サリーちゃんのパパ」より。なおEDクレジットでは、単に「賞金かせぎ」となっていた。
アッパー
声 - 稲葉実
パンチ
声 - 星野充昭
第31話に登場。ジャーマネが雇った賞金稼ぎの兄弟。アッパーが兄で、パンチが弟。アッパーがテレキャスター、パンチがストラトキャスターにそれぞれ搭乗し、マイトガインを襲う。この戦いで浜田が巻き込まれる事となった。
ユリウス
声 - 結城比呂
第32話に登場。100年前(1950年)に作られたアンドロイド殺し屋。旧式だが銃の腕は良く、彼を殺そうとしたハンター(声 - 平田康之)を一撃で倒したほど。体内の真空管が切れてうろついていたところをウォルフガングに見出され、真空管1個で契約。
ドライチェン1313で誘き出された舞人を抹殺しようとしたが、マイトガンナーに阻止される。その後は再び宛の無い旅に出たが、最終回では舞人とサリーの新婚旅行を見送る人々の中に居た。

勇者特急隊 編集

ヌーベルトキオの平和を守る勇者たちの総称。従来のシリーズでは「エネルギー生命体が機械と融合する」という設定であったが、本作のロボは「人間が1から作り出した純粋なロボット」という設定である。また、勇者シリーズでは初めて合体後の人格が統一された人格になるなど、合体前のロボ単体ではなく、合体後の姿で完成の状態を取る。合体後の勇者は全機が鉄道車両形態になる。

なお勇者特急隊の全車両を連結した形態も存在し、この形態から繰り出される「ジョイントドラゴンファイヤー」は、勇者特急隊の中でも最大の威力を誇る必殺技だが、劇中では一度しか使用されていない。

マイトガイン 編集

勇者特急隊メンバーのリーダーとして製作された。ボンバーズとダイバーズの中間に完成しており、合体構造など戦闘・救助などを両立して行えるように設計されている。その結果、出力面の確保や攻撃力を維持する為、意思を持たない専用のサポートロボが与えられており、サポートロボの組み合わせを変更する事で機体構造の変更がしやすく、追加武装による強化が容易である。

ガイン
声 - 中村大樹
300系新幹線(放送当時の東海道新幹線「のぞみ」)から変形。舞人とは親友のような間柄で、性格は真面目で実直。弱音を吐きやすいがどんな事にも負けない強運の持ち主。マイトガインのメイン人格を構成しており、合体時は舞人のサポートにあたる。最終決戦では爆発したブラック・ノワールの要塞から、半壊しつつも舞人を抱えて脱出し大列車フォートレスに帰還、唯一生き残ったロボットとなった。
  • データ
    • 全高:15.0m
    • 重量:26.2t
    • 最高走行速度:165km/h
    • 跳躍力:160.2m
    • 最大モーター出力:150000馬力
  • 武装
    • ガインショット
    • グレネードランチャーアダプター
    • ガインバスター
    • ガインアンカー
  • トレインモード
    • 全長:16.2m
    • 最大走行速度:980km/h
サポートメカ
マイトウィング
400系新幹線(放送当時の山形新幹線「つばさ」)から変形する戦闘機。舞人が搭乗。劇中では石油枯渇により航空機もほとんど壊滅状態のため、完成当初は世界唯一の空を飛ぶ超電導ジェット機だった。マイトカイザー完成後は自動操縦できるように改造された。最終決戦ではブラック・ノワールの最後の爆発で失われたが、後に復元されて舞人とサリーのハネムーンに使用されている。
  • データ
    • 全長:16.2m
    • 重量:23.6t
    • 最高走行速度:870.2km/h
    • 最大飛行速度:1850.0km/h(M1.5)
ロコモライザー
巨大蒸気機関車型サポートメカ。後部に列車形態のガイン、マイトウイングを搭載可能。様々な場所でも走行可能であり、地球上のどこへでも三分以内に駆けつける。その巨体故、移動には線路2車線分を必要とする(OPにおいてアニマル、レスキュー特急と共に走るカットがあるが、そこでも2車線で走っている事が描かれている)。その巨体からウォルフガングには「SLの化け物」と称された。最終決戦ではマイトウィング共々ブラック・ノワールの最後の爆発で失われ、その後は復元・使用の描写はない。
  • データ
    • 全長:35.5m
    • 重量:54.9t
    • 最高走行速度:360000km/h
  • 武装
    • ロコモバスター
合体形態
マイトガイン
声 - 中村大樹
舞人の「レッツ・マイトガイン!」の掛け声で特急合体し、ガインが左腕、マイトウィングが右腕、ロコモライザーが胴体・脚部、頭部となり完成。コックピットは頭部にある。合体中に劇中歌が流れるのはシリーズ初。また、「急速合体!」の掛け声により、列車形態から、直接に変形もできる。メイン人格を担うロボと主人公用のマシンがそれぞれ腕のパーツになり、身体パーツの主要部分を無人機が構成するという、主役の1号ロボとしては特異な合体方法となっている。
飛龍に破壊された後、強化改造をされガインの意思で合体可能になるが、その後もマイトカイザーのオーバーホールなどで舞人が搭乗することも度々あった。強化改造後はガインの「チェンジ・マイトガイン!」という掛け声で合体。必殺技の際にブースターを吹かせてジャンプする程度で、長時間の飛行はできない。そのため空中戦では苦戦していた。その点が仇となり、飛行能力で勝る飛龍に敗北してしまう。
合体ジョイントなどには電車の連結器の意匠が取り入れられており、そのジョイントも腕には密着連結器、Gマイトガイン合体時に使用される足のそれには自動連結器と分けられている。また、合体完了直後、舞人が「マイトガイン、起動!」の掛け声で操作するレバーにも、電車のブレーキレバーの意匠が取り入れられている。
代表的な必殺技は「縦一文字斬り」。動輪剣をエネルギーの刃で伸長し、ジャンプした後に急降下の勢いを乗せて真っ二つにする。それ故、軌道を読まれて防がれることも度々見受けられた。
最終回では動輪剣を二本繋いで双剣として使用し、ブラック・ノワールにとどめを刺している(技名は劇中未呼称)。
名乗りは「銀の希望(のぞみ)を乗せて、灯せ平和の青信号! 勇者特急マイトガイン! 定刻通りに只今到着!」
  • データ
    • 全高:25.0m
    • 重量:104.7t
    • 最高走行速度:680.0km/h
    • 跳躍力:750.8m
    • 最大モーター出力:450000馬力
  • 武装
    • 動輪剣
    • マイティスライサー
    • マイティバルカン
    • マイティカッター
    • マイティキャノン
    • マイティシールド
    • マイティディスチャージャー
    • シグナルビーム
  • 特殊装備
    • ツバメロケット
    • 縦一文字斬り
    • 横一文字斬り
    • 十文字斬り

マイトカイザー 編集

舞人が搭乗する勇者特急隊の有人式操縦メカ。第24話で完成して正式に参戦。ドリル特急やカイザージェット形態では自動操縦による無人走行や無人飛行が可能。 飛行中のマイトウイングから舞人を座席ごと移動させて搭乗させる事が可能。 本機も移動には線路2車線分を必要とする。本来はマイトガインのサポートメカとして設計されたことから超AIは未搭載のため、ガインのような心・意思を持っておらず、「人格を持たないビークル」+「主人公の少年が操縦する」という勇者シリーズの中でも異色の存在。第23話で飛龍との戦闘でロコモライザーが大破した後から復帰するまでの一時期は、代わりに主役機としての扱いを受けた。

ドリル特急形態で地中のマグマを潜って、地球の反対側まで急行(南米→日本)するという荒業を見せたことがある。

ドリル特急
カイザードリル、カイザー1 - 5、カイザーキャリアで構成される列車形態。
  • データ
    • 全長:52.8m
    • 最高速度:1207.5km/h
カイザードリル
先端にドリルが装備された牽引車両で、カイザーキャリアを牽引する。マイトカイザーの胴体と腰部に合体し、先端のドリルは武器として用いられる。グレートマイトガイン合体時には胸部を構成。
カイザーキャリア
カイザー1 - 5を格納する貨物車両。マイトカイザー及びグレートマイトガイン合体時に使用するウイングと、マイトカイザーの胸部およびグレートマイトガインの頭部の飾りになる大車輪&ブレードが取り付けられている。宇宙への出撃の際、上部にマイトガンナーを搭載したこともある。玩具は、後に『トミカヒーロー レスキューフォース』に登場するゼロファイヤーのコンテナに流用された。
カイザー1
小型偵察機。マイトカイザーの胸部&頭部に合体する。グレートマイトガインに合体する際には腹部を構成する。
カイザー2
地底戦車。マイトカイザーの右腕に合体する。先端のドリル部は4枚のブレードからなる特異な構造をしている。グレートマイトガインに合体する際には左前腕を構成(ガインと合体)する。
カイザー3
強力クレーン車。マイトカイザーの左腕に合体する。グレートマイトガインに合体する際には右前腕を構成(マイトウィングと合体)する。
カイザー4
海底探査機。マイトカイザーの右足に合体する。グレートマイトガインに合体する際には左足首を構成する。
カイザー5
スーパーブルドーザー。マイトカイザーの左足に合体する。グレートマイトガインに合体する際には右足首を構成する。
合体形態
マイトカイザー
舞人の「チェンジ・マイトカイザー!」の掛け声で、カイザードリルとカイザー1~5の6機が合体したロボット。本来はマイトガインの強化パーツだったものを、上記のマイトガインの大破と言う緊急事態に対応する為に各強化パーツを単体の人型ロボットに合体できるように調整したもの。コックピットはマイトガイン同様、頭部にある。飛行形態であるカイザージェットへも変形可能。
必殺技は「ドリルクラッシャー」。ドリル特急の先頭部のドリルを右腕に装着、突撃して貫通する。
名乗りは「愛の翼に勇気を込めて、回せ正義の大車輪! 勇者特急マイトカイザー! ご期待通りに只今到着!」
最終決戦において、エグゼブの駆るインペリアルとの戦いで損傷したため、敵要塞突入前にグレートマイトガインからパージされてる。以降、活動・修理の描写はない。
  • データ
    • 全高:23.5m
    • 重量:82.4t
    • 最高走行速度:560.0km/h
    • 跳躍力:860.8m
    • 最高飛行速度:1860.8km/h(M1.5)
    • 最大モーター出力:585000馬力
  • 武装
    • カイザードリル
    • カイザーロッド
    • フック
    • ショルダードリル
    • カイザーバルカン
    • ドリルクラッシャー
カイザージェット
  • データ
    • 全高:24.6m
    • 最高速度:6125.6km/h(M5)
グレート合体形態
グレートマイトガイン
声 - 中村大樹
舞人の「レッツ・マイトガイン!」の掛け声の後にガインが「グレート・ダッシュ!!」とコールし、マイトカイザーが分離、強化パーツとなってマイトガインと超特急合体し完成する。2人で操縦する事も可能。名乗りはマイトガインと同一だが演出は異なっている(歌舞伎をイメージしていると思われる)。また、「急速合体!」の掛け声により、列車形態から、直接グレートマイトガインに変形することもできる。
必殺技は「真っ向唐竹割り」。動輪剣をエネルギーの刃で伸長するのは縦一文字斬りと同様だが、刃が遥か上空まで達するほど長く伸長する。また、ジャンプ等はせずにその場に立ったまま、力任せに片手で敵めがけて振り下ろすのが特徴。
  • データ
    • 全高:34.6m (頭頂高:30.5m)
    • 重量:187.1t
    • 最高走行速度:1680.0km/h
    • 跳躍力:2250.8m
    • 最高飛行速度:13464.8km/h(M11)
    • 最大モーター出力:1250000馬力
  • 武装
    • グレート動輪剣
    • マイティバルカン
    • マイティスライサー
    • グレートブレイカー
    • グレートファイヤー
    • マイティディスチャージャー
    • シグナルビーム
    • 真っ向唐竹割り

マイトガンナー 編集

勇者特急隊計画において最後に作られた超AI搭載型ロボット。別名弾丸特急。単体ロボットとしてのパワーは、勇者特急隊最強である。 超AI完成前に、超伝導砲として実戦投入されたことがある。

マイトガンナー
声 - 鈴木勝美
蒸気機関車・パーフェクトキャノン・ロボットに三段変形する。性格は少々荒っぽい。浜田によると500km離れた標的を誤差1cmで撃ち抜く事が出来る。
トレインモードの下部からグリップを出す事で、超伝導砲としての運用も可能。最終決戦において、インペリアルの攻撃で破壊されるが、最終決戦後に修理された。
名乗りは「決して悪を許さない! 正義の早撃ちガンファイター、マイトガンナーとは、俺のことだ!」
  • データ
    • 全高:18.5m
    • 重量:46.7t
    • 最高走行速度:280.6km/h
    • 跳躍力:180.2m
    • 最大モーター出力:280000馬力
  • 武装
    • ショルダーキャノン
    • セルフキャノン
  • トレインモード
    • 全長:24.9m
    • 最大走行速度:362000km/h
合体形態
グレートマイトガイン・パーフェクトモード
グレートマイトガインとマイトガンナーが合体した勇者特急隊最強のロボ。勇者シリーズ内で最多数メカによる合体(10体合体)を誇る。
出力と火力は大幅にアップするものの、機動力は半減してしまうという欠点がある。そのため、巨大隕石ドガンテスを破壊する際や最終決戦など機動力が要求される場面においてはこの形態にはならず、グレートマイトガインが弾丸特急を直接持つ形で運用された(ただし、キャノンの威力はパーフェクトモードより劣る)。またパーフェクトキャノン以外にも、グレートマイトガインの装備は全て使用可能となっている。
  • データ
    • 全高:36.5m (頭頂高:30.5m)
    • 重量:233.8t
    • 最高走行速度:880.5km/h
    • 跳躍力:650.8m
    • 最高飛行速度:7344.5km/h(M6)
    • 最大モーター出力:1985000馬力
  • 主武装
    • パーフェクトキャノン
特殊合体形態
ギャラクシーエクスプレス
巨大隕石ドガンテスを破壊するために宇宙へ向かう際に編成された特別編成形態。
カイザーキャリアの上部に弾丸特急を搭載したドリル特急とガイン・マイトウイングを格納したロコモライザーの重連の後部に超電導ブースターが接続されている。

ボンバーズ 編集

主に戦闘を担当するチームで、全員が血の気が多い。開発当初は特急モードとロボットモードのみだったが、浜田のアイディアによってアニマルモードを追加。その際全員改名した。全員が連結して「アニマル特急」となり、これがチーム全体の総称ともなっているが、ホーンボンバー加入後は「猛獣特急」が総称となった。

勇者特急計画の初期の段階で制作された特急隊の雛形的存在であり、超AIを最初に搭載したロボットでもある。

なお、以下の各データはパワーアップ後のものである(強化前のスペックは不明)。

ライオボンバー
声 - 巻島直樹
200系新幹線(2000番台)から変形。アニマルモードは陸上戦を得意とするライオン。ボンバーズのリーダー。
旧名・やまびこボンバー。
  • データ
    • 全高:15.2m
    • 重量:27.5t
    • 最高走行速度:180.6km/h
    • 跳躍力:190.6m
    • 最大モーター出力:180000馬力
  • 武装
    • ライオレーザー
  • トレインモード
    • 全長:16.5m
    • 最高走行速度:2807.5km/h
アニマルモード
  • データ
    • 全長:12.0m
    • 最高走行速度:360.2km/h
    • 跳躍力:307.6m
  • 武装
    • ライオクラッシャー
    • ライオフレイム
ダイノボンバー
声 - 掛川裕彦
特急スーパーひたちから変形。アニマルモードは肉弾戦・水中戦を得意とするティラノサウルス
旧名・ひたちボンバー。
  • データ
    • 全高:15.0m
    • 重量:32.3t
    • 最高走行速度:140.5km/h
    • 跳躍力:180.8m
    • 最大モーター出力:220000馬力
  • トレインモード
    • 全長:16.6m
    • 最高走行速度:740.2km/h
アニマルモード
  • データ
    • 全長:23.3m
    • 最高走行速度:98.5km/h
    • 跳躍力:280.2m
  • 武装
    • ダイノハンマー
    • ダイノブリザード
    • ダイノファイヤー
    • ダイノガーランド
バードボンバー
声 - 菊池正美
成田エクスプレス(253系)から変形。アニマルモードは空中戦を得意とする鳥型
旧名・成田ボンバー。
  • データ
    • 全高:15.0m
    • 重量:19.9m
    • 最高走行速度:180.5km/h
    • 跳躍力:290.8m
    • 最大モーター出力:178000馬力
  • トレインモード
    • 全長:16.2m
    • 最高走行速度:790.5km/h
アニマルモード
  • データ
    • 全長:10.5m
    • 最高飛行速度:2580.8km/h(M2.1)
    • 跳躍力:65.2m
  • 武装
    • バードソニック
    • バードスラッシャー
ホーンボンバー
声 - 巻島直樹
100系新幹線から変形。アニマルモードは陸上・水中共に活動できるトリケラトプス。ボンバーズのプロトタイプで、勇者特急隊としては最初に超AIを搭載した機体でもあるが、リーダーではない。
長らく封印状態にあったが、トライボンバーの大破を受けボンバーズのパワーアップメンバーとして強化改造が施された。超AIには起動時間短縮のためにライオボンバーのデータを一部流用している。
旧名・ひかりボンバー。
  • データ
    • 全高:16.0m
    • 重量:32.6t
    • 最高走行速度:165.5km/h
    • 跳躍力:170.2m
    • 最大モーター出力:200000馬力
  • 武装
    • ホーンダッガー
  • トレインモード
    • 全長:16.5m
    • 最高走行速度:790.5km/h
  • 武装
    • ホーンランチャー
アニマルモード
  • データ
    • 全長:18.5m
    • 最高走行速度:280.4km/h
    • 跳躍力:195.6m
  • 武装
    • ホーンランチャー
    • ホーンサンダー
    • ホーングラップ
合体形態
トライボンバー
声 - 巻島直樹
ライオボンバーが頭と胸、ダイノボンバーが右腕と右脚、バードボンバーが左腕と左脚となり猛獣三体合体して完成したパワータイプの勇者。合体後の人格はライオボンバーとなる。中盤、飛龍との戦闘で大破し戦線離脱。バトルボンバー登場後はこちらには合体していない。
  • データ
    • 全高:24.2m
    • 重量:85.6t
    • 最高走行速度:540.5km/h
    • 跳躍力:630.0m
    • 最大モーター出力:730000馬力
  • 武装
    • ボンバーブレイク
    • ボンバーストリーマー
    • ボンバーミサイル
  • 必殺技
    • ボンバーガントレット
    • ボンバークラッシュ
バトルボンバー
声 - 巻島直樹
ホーンボンバーが頭、右肩、胸、背中の強化パーツとなってトライボンバー(ただしライオボンバーの変形が異なり胸がトレインモードの先端からアニマルモードの頭になっている)と猛獣四体合体した勇者。右肩のバトルランチャーは超電導砲であり、1発の威力はダイナマイト1万5千本に相当する。合体後の人格はトライボンバーのライオボンバーと違ってホーンボンバーとなる。性格は少々荒っぽいが明るさが持ち前のムードメーカー的存在。
玩具のセット箱は未発売、オープニング映像に登場していないなど、不遇な面もある。
名乗りは「バトルボンバー! 天に代わって悪を討つ!!」。最終決戦において、パープルの攻撃から舞人を庇って破壊されるが、最終決戦後に修理された。
  • データ
    • 全高:26.5m (頭頂高:24.6m)
    • 重量:118.2t
    • 最高走行速度:540.5km/h
    • 跳躍力:960.0m
    • 最高飛行速度:1452.5km/h(M1.2)
    • 最大モーター:出力970000馬力
  • 武装
    • バトルランチャー
    • バトルバースト
    • ボンバーブレイク
  • 必殺技
    • ボンバーガントレット
    • ボンバークラッシュ
アニマル特急
  • データ(カッコ内は4両時の数値)
    • 全長:25.5m(34m)
    • 重量:85.6t(118.2t)
    • 最高速度:340000km

ダイバーズ 編集

主に救助を担当する冷静沈着なメンバーで構成されている。全員が合体して、フランスの超特急「TGV」に似た姿をした「レスキュー特急」となる。

マイトガインやボンバーズより後に制作されているため、超AIや合体におけるシステムなどの精度が増している。単体でもそこそこの戦闘力を有しているボンバーズと異なり、合体前の姿での活躍は少ない。そのため、作中では主にサポートやバックアップという役割に回ることが多い。

ファイアダイバー
声 - 置鮎龍太郎
ダイバーズのリーダー。消防車から変形。
  • データ
    • 全高:14.8m
    • 重量:19.2t
    • 最高走行速度:150.0km/h
    • 跳躍力:240.5m
    • 最大モーター出力:120000馬力
  • 武装
    • ファイアディスチャージャー
    • ファイアロケッター
  • ビークルモード
    • 全長:7.5m
    • 最高走行速度:380.5km/h
ポリスダイバー
声 - 巻島直樹
ロータス・エスプリをモデルとしたパトカーから変形。勇者特急隊は旋風児コンツェルンの秘密の私設部隊で公的なバックアップを受けていないため、警察のパトカーを模倣することについて、言及は受けていない。
  • データ
    • 全高:12.9m
    • 重量:13.5t
    • 最高走行速度:520.2km/h
    • 跳躍力:170.2m
    • 最大モーター出力:97000馬力
  • 武装
    • ポリスマグナム
    • ポリスミサイル
  • ビークルモード
    • 全長:4.3m
    • 最高走行速度:610.0km/h
ジェットダイバー
声 - 菊池正美
ジェット機から変形。
  • データ
    • 全高:12.9m
    • 重量:12.9t
    • 最高走行速度:175.0km/h
    • 跳躍力:260.5m
    • 最大モーター出力:109000馬力
  • 武装
    • ジェットエリミーネーター
  • ビークルモード
    • 全長:9.0m
    • 最高飛行速度:2450.5km/h(M2)
  • 武装
    • ジェットクラスター
  • 特殊装備
    • ジェットケージ
ドリルダイバー
声 - 掛川裕彦
ドリル戦車から変形。
  • データ
    • 全高:12.8m
    • 重量:25.6t
    • 最高走行速度:85.0km/h
    • 跳躍力:165.5m
    • 最大モーター出力:107000馬力
  • 武装
    • ドリルハーケン
    • ドリルディッカー
  • ビークルモード
    • 全長:9.0m
    • 最高走行速度:178.0km/h(地上)/46.5km/h(地中)
  • 武装
    • ドリルディッカー
    • ドリルアーム
    • ドリルキャッチャー
合体形態
ガードダイバー
声 - 置鮎龍太郎
ファイアダイバーが上半身、ポリスダイバーが腰と太腿、ジェットダイバーが左脚、ドリルダイバーが右脚となり緊急四体合体して完成する救助型勇者。戦闘もこなせるが、ボンバーズとは対照的に礼儀正しい性格で人命救助を優先に設計されている。水をくみ出すポンプ機能は戦闘、救助の両方で活用される。マニピュレーターは生卵を割らずにつまめるほど器用、他のメンバーと異なり合体バンクの背景が夜などになっても変わらない。
武器は、各種アタッチメントを変更することによって戦闘にも救助にも使える万能武器のダイバーライフル。
パープルとの決戦において、逃げ遅れた少女を庇って敵のロボット部隊の軍勢内に孤立し、集中攻撃を浴びて破壊されるが、最終決戦後に修理された。
  • データ
    • 全高:23.5m
    • 重量:71.2t
    • 最高走行速度:980.5km/h
    • 跳躍力:1200.5m
    • 最大モーター出力:380000馬力
  • 武装
    • ダイバーライフル
    • ダイバースパーク
    • ダイバーデトネイター
    • ダイバーアタック
    • ハイドロキャノン
    • ダイバーアンカー
  • 必殺技
    • ダイバーギムレット
レスキュー特急
  • データ
    • 全長:24.2m
    • 重量:71.2t
    • 最高速度:340000km

その他 編集

マイトステーション / 大列車フォートレス
勇者特急隊の基地であり、平時は管制塔部分のみが地上に出ているが、事件発生時には地下からタワーがせり出し、内部に格納されている各車両を発進させる。
後に中盤にて、青戸の工場や旋風寺邸など各地に分散していた整備施設・待機施設などを1つに集めた移動基地「大列車フォートレス」としての機能も明かされており、この形態では飛行も可能となっている。全世界最強・最大の超電導飛行施設である。
ガバメントドッグ
ヌーベルトキオシティの警察や米国の警察で採用されている鎮圧ロボット。車型から犬の顔に手足が生えたような戦闘形態に変形可能だがウォルフガングやホイコウロウのメカはおろか、第1話に登場した際には重機の改良型と思われるメカにすら手も足も出ないなど結局は対人鎮圧にしか役に立たない性能でしかない。
JIS125式
世界各国の正規軍に配備されている戦闘ロボ。フルモニター式の頭部を装備しており人型のデザインになっている。ガバメントドッグとは比較にもならないほど強力だがアトラスMk-IIや洗礼ロボットには太刀打ちできなかった。一般機は茶色で隊長機は赤色にカラーリングされている。

敵対勢力のロボット 編集

ウォルフガングが製作したロボット 編集

基本的に正統派の悪役ロボットを扱う。操縦はウォルフガング自ら乗り込むことが多いが、後半の機体にはイッヒ達が同乗する事もあった。また、ジョーなどの傭兵が搭乗する事や、イッヒ達が単独で操縦した機もある。ティーゲル5656、メガソニック8823のように、名前に数字が入っているのも特徴。勇者ロボと同系列と思われる変形機能を持つ機が複数存在する。

飛龍
ウォルフガングが雷張ジョーに与えた試作可変戦闘ロボ。「隼号」と呼称するポルシェ928型のエレカが胸部部分に合体しコクピットとなる。
この世界では数少ない超電導ジェットに変形できる上にロボット形態でもある程度の飛行能力も持っているため、変形機能を駆使しながら、空中を利用した立体戦闘を得意とする。この機体を目にした時、舞人は「マイトウィング以外に超電導ジェットがあったなんて」と驚いていた。
元の名称は「ソニック」であったが、ジョーが飛龍と改名。ウォルフガングは完成型の「メガソニック8823」でマイトガインと戦ったが、当て馬にされ怒ったジョーに破壊される。この時メガソニックが使用したビームライフルはその後飛龍の手に渡り、ヒリュウブレイザーとして使用されることとなる。幾度となく舞人の前に立ちふさがり、トライボンバーの機能を停止寸前にし、ついにはマイトガインを倒しロコモライザーを修理不能寸前にまで大破させたが、完成直後のマイトカイザーが繰り出したドリルクラッシャーによって撃破される。
玩具はトランスフォーマーZの「ソニックボンバー」の塗装変更品でありベースモードにも変形可能だが、劇中では未登場。後に登場する轟龍と共に劇中のウォルフガングによる命名は流用元のキャラクターになぞらえたものになっている(なおネーミングの元ネタはスーパーロボット レッドバロンに登場した敵ロボットの飛龍、豪龍と思われる)。
  • データ
    • 全高:25.5m
    • 重量:76.5t
    • 最高走行速度:780.0km/h
    • 跳躍力:870.3m
    • 最大モーター出力:770000馬力
  • 武装
    • 三節棍
    • ヒリュウジャベリン
    • ヒリュウトンファー
    • ヒリュウストライカー
    • ヒリュウブレイザー
  • ジェットモード
    • 全長:23.8m
    • 最高飛行速度:3807.5km/h(M3)
轟龍
エグゼブの軍門に下ったウォルフガングが製造した四段変形ロボで、マイトカイザーによって飛龍を失ったジョーが搭乗する。ロボットモードの他、ジェット、ドリルタンク、基地形態へと変形する。ピニンファリーナ・ミトスに似た「大鷲号」と呼称するエレカが胸部部分に合体してコクピットとなる。グレートマイトガインと同等の能力を持つ。発展量産型の「アトラスMk-II」、強化量産型「ε(イプシロン)」も後に登場。
当初、ウォルフガングの示した設計図にはドリル頭のロボットが描かれており、エグゼブはドリルは趣味に合わないので外すよう注文を付けた。結果的にロボットモードで頭部に位置するドリルは変形時に脱ぐようになったものの、ジェット形態では機首にそのドリルを装備する仕様のまま完成し、後にこのドリルの存在がエグゼブの命運を左右することになる。ちなみに「アトラスMk-II」と「ε」では注文通りドリル自体がオミットされている。設定では四段変形だが、基地形態は1カット写るのみでドリルタンク形態は登場しなかった。
玩具はトランスフォーマーZの「ダイアトラス」の塗装変更品であり、飛龍同様、劇中のウォルフガングによる命名は流用元のキャラクターになぞらえたものである。なお、ギミックもそのままである為、元となったソニックボンバーとダイアトラスと同様に、玩具の飛龍と轟龍も、合体して大型戦闘機になれる(アニメでは飛龍が破壊されていた為、未登場)。
  • データ
    • 全高:34.4m(頭頂高:30.6m)
    • 重量:98.7t
    • 最高走行速度:1780.8km/h
    • 跳躍力:1870.3m
    • 最高飛行速度:9792.8km/h(M8)
    • 最大モーター出力:1680000馬力
  • 武装
    • ゴウリュウキャノン
    • ブースターナックル
    • ミサイル
  • ジェットモード
    • 全長:28.6m
    • 最高飛行速度:11016.2km/h(M9)

影の軍団 編集

主に侍や忍者など、江戸時代の人間や和風テイストのものをモチーフにしたロボットを扱う。コントロール方法はコクピット内の操縦者の動きをトレースするバイオフィードバックシステムを採用している。

剣豪ロボ ケンゴー
佐々木小次郎をモチーフにした長刀を背負うロボット。操縦者はコジロー。一年かけて一羽のツバメを追い掛けて完成した必殺剣・燕斬りを駆使する。「鉄道網大切断作戦」の一環として、各地の線路を文字通りに「切断」するという手に打って出る。
将軍ロボ ショーグン
ミフネが最後の切り札として隠していたロボット。鎧武者をモチーフとしたデザインで、ミフネ二刀流という剣術を扱い、グレートマイトガインと打々発止のチャンバラ劇を演じた。戦闘力も相当のものだったが、居城の崩壊に気を取られた隙を突かれて破壊された。

ピンク・キャット 編集

人型ロボットは少なく、ネズミや恐竜など、ヨーロッパの童話や動物をモチーフにしたメカを扱う。コクピットは操縦を三人の部下に任せ、ビトン本人は一段高い指令席から指示を飛ばす。また、ピトンが乗るピンクのリムジンから遠隔操作を行う場合もあった。

ハーメルン
ビトンが宝石強盗のために繰り出したネズミ型ロボット。名前はハーメルンの笛吹き男に由来する。小型ネズミメカ「アイアンマウス」を中に搭載しており数押しでマイトガインに攻撃した。
アルセーヌ
「女ねずみ小僧」を名乗ったビトンが強盗のために繰り出したムササビ型ロボット。名前はアルセーヌ・ルパンに由来する。銀行や富豪の家を襲い、現金を盗み出しては街にばら撒いていた。
パンプキン
カボチャの馬車を作るためビトンが繰り出したハロウィンジャック・オ・ランタンをモチーフにしたロボット。頭頂部のプロペラで空を飛ぶ。戦闘時には四隅から手足が生え、頭のプロペラを取り外して鎌として使用する。
プレシオーネ
ミフネが埋蔵金発掘の移動手段にしていた潜水艇を恐竜と勘違いしたビトンが「恐竜の肉を食べたい」という短絡的な理由で出撃させたロボット。モチーフは首長竜の一種・プレシオサウルス。強力な吸引機能と噴射機能を持ち、吸い上げた水を尻尾から強烈な水流として打ち出していた。泥や土も吸い上げられるが、ミフネを埋蔵金ごと吸い込んでしまい自滅。これが皮肉にもミフネの逮捕につながった。

アジアマフィア 編集

他の組織に比べるとモチーフや形態にはばらつきが見られるが、その分パオズーのような非人型のものや、チューレンパイのような人型、さらにブラックガインのように超AIを搭載した機体等、バリエーションに富んだものが多い。またホイ・コウ・ロウがボスだった時期には中華風の意匠を取り入れた機体が比較的多く散見された。

ホイ・コウ・ロウ機 編集

パオズー
周辺の金属をケーブルを利用して吸収、ボディを形成するロボット。本体はアタッシェケース型のコアであり、これが破壊されない限りは金属を吸収する能力を利用して自己修復が可能となっている。頭部の機関砲が武器。劇中では二体登場している。なお、名前の由来は包子から来ているものと思われる。
チューレンパイ
ホイが自分が提案した車両を蹴って旋風寺コンツェルン製の列車を採用したコンラーン国の大統領を襲撃させるために反政府ゲリラ「黒い稲妻」に供与した機体。二足型ではあるが劇中では基本的に足裏に装備された履帯で走行していた。3機がテロリスト側に引き渡されたがそのうちの1機(隊長機)はキャノン砲を搭載した後方支援型。舞人に軍用と評された通りデザインも彩色も武装もホイの擁する他のメカとは違い地味で武骨ないかにも兵器然としたものになっている。武器はマシンガンと腕から出すカッター。
シャオマイ
ホイがボスだった頃において、最後に登場したメカで、OPにも登場している[2]。武器は柳葉刀で、後に劇中に登場した際には銃も装備していた。
勇者特急隊海賊機 編集
ブラックガイン
声 - 松本保典
第16話に登場。超AIの秘密を入手したホイ・コウ・ロウが製作したガインの完全コピーロボ。性能の全てを複製しており、能力は互角。但し言語能力はオリジナルより若干劣るようで早口言葉が苦手だった。またマイトガインのサポート機にあたる、ブラックマイトウイング、ブラックロコモライザーも同時に複製されており、ブラックマイトガインオリジナルのブラックパイルダーを含めた4体合体が可能。デザイン的には各部が鋭角化した他、眼つきが鋭くなっている。
ガインの正義の心までコピーしてしまっていたため、製造者であるホイを裏切り勇者特急隊に協力し、舞人やガインらと親交を持つ。そのためホイはコントロールマスクを用いてブラックガインを洗脳し、外部操縦機能を悪用したブラックパイルダーで強制合体して操った。その後マイトガインの活躍やブラックガインの自己犠牲もあって大破する。
ゲストキャラクターながら登場エピソードには大きな反響があり、高い人気がある[3]。『新世代ロボット戦記ブレイブサーガ』にも参戦し、以降のゲームにおいてもルート選択において重要な役割を示すなどの活躍を見せる。
テレビシリーズ及び敵として戦った際の台詞は「黒い翼に殺意を乗せて、灯せ不幸の赤信号。悪者(わるもの)特急ブラックマイトガイン、定刻破って只今到着」(但し本編ではホイとチンジャのセリフ)。ゲームでの決め台詞は「黒い力を正義に変えて、灯せ悪への赤信号。勇者特急ブラックマイトガイン、声援受けて只今見参」。

パープル配下 編集

リッケンバッカー
パープルが流した超AIを狂わす電波の発進源「ARKテレビ」の護衛役である量産ロボ。全部で4体登場。武器は左腕の銃。頭部のプロペラで空も飛べる。だがパーフェクトキャノンによって破壊された。名前はジョン・レノンが愛用したギター、リッケンバッカーをそのまま拝借したもの。
アトラスMK-II
轟龍の強化発展型。「スイートデビル隊」と名乗る三人の傭兵が乗り込み、マイトガインと戦った。主にミサイル、それにそれぞれビームサーベル、ビームグレイブ、ビームアックスを武器として使用し、たった3機で正規軍の精鋭ロボット部隊を全滅させる程の戦闘能力を持つ。原型の轟龍から変更された部分が多く、ビームキャノン(ゴウリュウキャノン)などはアトラスMK-IIではオミットされている。
スイートデビル隊の三人の名前はラン・スー・ミキと、キャンディーズのメンバーに由来している。
ゲームでは原作と大きく異なる設定で登場することがある。『ブレイブサーガ』ではパープルが搭乗し、『新世紀勇者大戦』ではエグゼブが搭乗している。後者はゴウリュウキャノンを上回る射程を持つビームライフルを所持しているものの、性能自体は轟龍よりも低く設定されている。使用する武器は、前者がビームグレイブ、後者がビームサーベルを使う。

エグゼブ配下 編集

インペリアル
最終決戦にてエグゼブが操縦した超巨大ロボット。グレートマイトガイン玩具と呼ばわりし、手で握りつぶす程の巨大なサイズを有する。巨大な剣を武器とする他、胸から放つビームはパーフェクトキャノンをも押し返し、さらにマイトガンナーまで弾き飛ばすほどの威力を持つ。
Ζ(ツェット)
ウォルフガングが造ったロボットで、パイロットと共に洗礼されて変貌してしまった。魔のオーラによる再生能力を持つ。劇中では最初に建造された青いカラーリングの機体と、後にクリスマスオペレーションにて登場した赤いカラーリングの機体の計2機が存在する。洗礼前の姿はファイバードのドライアスに酷似しており、当時のテレビマガジンではドライアスの残骸を修復したロボットと紹介された。
Υ(イプシロン)
飛行ロボット。アトラスMk-IIが洗礼されたもの。魔のオーラによる再生能力を持つ。武器はゴウリュウキャノンに酷似したマシンガン。
Χ(イクス)
歩兵ロボット。リッケンバッカーが洗礼されて姿を変えたもの。魔のオーラによる再生能力を持ち勇者特急隊のありとあらゆる攻撃を跳ね返しつつ徒党を組んで進撃する。武器は手持ち式のマシンガン。

放送リスト 編集

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督登場メカ放送日
1あれが噂のマイトガイン小山高生握乃手紗貴菱川直樹石田敦子ティーゲル56561993年
1月30日
2吠えて発進! ボンバーズ南康宏佐々門信芳パオズー2月6日
3こいつは強い! 剣豪ロボ石踊宏久行宏和ケンゴー2月13日
4緊急出動! ダイバーズ菊池一仁関田修直井正博ハーメルン
アイアン・マウス
2月20日
5大統領を守りぬけ!渡辺誓子南康宏佐々門信芳チューレンパイ1号
チューレンパイ2号
チューレンパイ3号
2月27日
6登場! 宿命のライバル菅良幸冨永恒雄菱川直樹石田敦子パンツァーCR173月6日
7悪魔の大文字焼き植竹須美男杉島邦久高谷浩利ヤッコー3月13日
8納豆に手を出すな!井上敏樹石踊宏直井正博フロマージュ3月27日
9恐怖のルーレット川崎ヒロユキ谷田部勝義久行宏和トレインボム4月3日
10ミフネ大仏の御利益地獄菅良幸菱川直樹佐々門信芳ニンジャ4月10日
11紅の翼! 飛龍登場平野靖士握乃手紗貴南康宏石田敦子飛龍
メガソニック8823
4月17日
12サロスの指輪川崎ヒロユキ杉島邦久直井正博ミレーヌ(ミレニアン)4月24日
13荒野の決闘植竹須美男石踊宏高谷浩利飛龍
デスファイヤー
5月1日
14ボンバーズ 夕闇に死す?!渡辺誓子菊池一仁関田修久行宏和飛龍
任侠ロボット
ギャングロボット
5月8日
15最も危険な遊戯(ゲーム)菅良幸菱川直樹佐々門信芳カラテ5月15日
16ブラックガイン 井上敏樹杉島邦久石田敦子ブラックガイン(ブラックマイトガイン)5月22日
17完成! バトルボンバーあみやまさはる握乃手紗貴南康宏直井正博マルス1133
シュタルク4126
5月29日
18永遠(とわ)に美しく植竹須美男石踊宏高谷浩利クルーター
オクトパシー
6月5日
19よみがえる戦国武将川崎ヒロユキ菊池一仁関田修久行宏和アシュラ6月12日
20うごめく巨大な悪の影小山高生菱川直樹佐々門信芳 6月19日
21勇者特急調査指令あみやまさはる杉島邦久直井正博クールミント36366月26日
22美しき悪の華渡辺誓子南康宏石田敦子シャオマイ7月3日
23激突! 飛龍VSマイトガイン菅良幸菊池一仁菱川直樹佐々門信芳飛龍
クラッペ4545
7月10日
24マイトカイザー見参!日高政光高谷浩利 7月17日
25正義のハートは一万度川崎ヒロユキ石踊宏久行宏和ランラン号(ランラン合体号)
リンリン号(リンリン合体号)
7月24日
26赤い霧の恐怖植竹須美男杉島邦久寺岡巌闇風ロボ
魔風ロボ
妖風ロボ
轟龍
7月31日
27飛び立て! G(グレート)マイトガイン握乃手紗貴南康宏石田敦子轟龍8月7日
28ミフネの国盗りサミット小山高生
浅井薫
菱川直樹佐々門信芳ニオー8月14日
29勇者の休日あみやまさはる菊池一仁南康宏高谷浩利スノービー8月21日
30戦え! 屋台ラーメン菅良幸杉島邦久寺岡巌グヤトーン8月28日
31友情の合体バトル石踊宏久行宏和テレキャスター
ストラトキャスター
9月11日
32弾丸特急マイトガンナーあみやまさはる日高政光石田敦子ドライツェン13139月25日
33参上! 女ねずみ小僧?!高橋義昌菱川直樹佐々門信芳アルセーヌ10月2日
34悪夢のオンエアー山田靖智菊池一仁南康宏寺岡巌リッケンバッカー10月9日
35決戦! 轟龍VSグレート菅良幸杉島邦久高谷浩利轟龍10月16日
36巨大カボチャの襲来細井能道石踊宏久行宏和バンプキン
ミレーヌ
10月23日
37胡蝶の夢植竹須美男谷田部勝義菱川直樹石田敦子ハンニャ
コチョウ
11月6日
38大江戸ランド 独立宣言高橋義昌菊池一仁南康宏佐々門信芳ショーグン11月13日
39勇者の秘密に迫れ
-全部見せますマイトガイン-
植竹須美男握乃手紗貴寺岡厳マルガリータ11月20日
40恐竜 いただきます!あみやまさはる杉島邦久高谷浩利プレシオーネ11月27日
41黒い戦慄菅良幸日高政光久行宏和アトラスMk-II12月4日
42炎の五体連結攻撃植竹須美男菱川直樹寺岡巌飛行要塞ライゴー
ライジン
ジンライ
12月11日
43悪魔の洗礼菅良幸南康宏佐々門信芳Z12月18日
44最後のクリスマス小山高生杉島邦久高谷浩利χ
ε
12月25日
45世界征服作戦菊池一仁菱川直樹オグロアキラ空中戦艦ブランカ
x
ε
ω
1994年
1月8日
46絶望からの脱出日高政光寺岡巌 1月15日
47嵐を呼ぶ最終回握乃手紗貴南康宏久行宏和
石田敦子
インペリアル
x
ε
1月22日

スタッフ 編集

主題歌 編集

OP
『嵐の勇者(ヒーロー)』(作詞:横山武、作曲:樫原伸彦、歌:岡柚瑠
歌唱を手がけた岡は当時のアニメージュのインタビューで、ヒーローアニメならではの独特な歌詞(悪が滅びるまで、等)に最初は苦労した、とコメントしている。また最終回では本曲のピアノインストゥルメンタルバージョンがEDとして使用された。
ED1
『危険なゴールド』(作詞:横山武、作曲:前田克樹、歌:Marie Cochrane
ED2
『Black diamond』(作詞:横山武、作曲:樫原伸彦、歌:PURPLE
前者は第1 - 26話まで、後者は第27 - 46話まで使用。いずれも「悪の魅力、悪の論理」を歌い上げており、映像もマイトガインと敵対する悪役たち(ウォルフガング、ビトン、ミフネ、ホイコウロウ、等)をフィーチャーした、シリーズ中でも珍しい内容となっている。
挿入歌
『レッツ・マイトガイン!!』(作詞:横山武、作曲:工藤隆、歌:露湖藻雷蔵(ロコモライザー)
『グレート・ダッシュ!!』(作詞:横山武、作曲:工藤隆、歌:露湖藻雷蔵(ロコモライザー) & 海蔵(カイザー)
『SCANDAL』(作詞:横山武、作曲:小路隆、歌:PURPLE)第39話にて使用された。

放送ネット局 編集

※該当期間中山口放送がテレビ朝日系列のはずだったがなぜかこちらで放送。

脚注 編集

  1. テンプレート:Cite interview
  2. 当時の仮称は「オーピー」であった。尚、この名前はOPに登場する全てのロボットの仮称として使用されており、『絶対無敵ライジンオー』ではそのまま正式名となったと言う珍しい例も存在する。
  3. テンプレート:Cite web

関連商品 編集

DVD 編集

  • 勇者特急マイトガイン DVD-BOX 1(2005年9月22日)1 - 25話までを収録、5枚組。
  • 勇者特急マイトガイン DVD-BOX 2(2005年11月23日)26 - 47話までを収録、5枚組。

ビクターエンタテインメントより発売。

CD 編集

  • 勇者特急マイトガイン(1993年2月24日)OPとEDを収録したシングルCD。
  • 勇者特急マイトガイン VOl.1(1993年6月23日)サウンドトラック。
  • 勇者特急マイトガイン VOl.2(1993年10月21日)
  • 勇者特急マイトガイン 歌のアルバム(1993年12月16日)イメージアルバム。
  • 『勇者特急マイトガイン』~嵐を呼ぶハネムーン(1997年9月22日)
    • 本編終了後のストーリーを描いたラジオドラマとして制作されたもので、文化放送で放送されていたラジオ番組で放送後CDとしてリリースされた。

総てビクターエンタテインメントより発売。

フィギュア 編集

  • 「吉永サリー(制服)」- 1000個限定の夏服版もあり
  • 「吉永サリー(水着)」- アニメディア93年8月号表紙のスクール水着

テンプレート:前後番組

外部リンク 編集

テンプレート:Anime-stuben:The Brave Express Might Gaine

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア